慰謝料・損害賠償金・示談金の違い


慰謝料・損害賠償金・示談金の違い


交通事故の損害賠償請求に際して、必ず耳にするのが慰謝料・損害賠償金・示談金などの用語です。
一見すると同じ意味に理解してしまいがちですが、これらの言葉は具体的に何が違うのでしょうか?
このページでは、これらの内容について少し掘り下げて説明していきます。


損害賠償金

損害賠償とは、民法、民事紛争における法律用語です。
損害賠償金とは、故意または過失により他人の権利を侵害し、損害が生じた場合、その損害の埋め合わせをするために賠償する金銭のことを言います。

損害賠償金には、後述する示談金、慰謝料、見舞金などの名目を問わず、損害を賠償するために支払う一切の金銭が含まれます。


また、損害賠償金は、大きく分けて3種類あります。


積極障害

積極損害とは、事故に遭わなければ支払う必要が無かった治療費等全般を言います。
つまり、事故により被害者が出費を余儀なくされる損害と言い換えることが出来ます。

具体的には、被害者の葬儀費用、介護費用、治療費、それらに伴って発生する交通費や雑費などが該当します。

また、将来確実に出費が発生することがわかっている事柄も積極障害と見なされます。


消極損害

消極損害とは、事故が無かったならば被害者が得ていたと考えられる利益(逸失利益)の事です。消極的に利益を失った場合に問題となる損害です。

ただし、事故が原因で休職していても、その間、給料が支給されている
場合は消極障害であるとはみなされません。

この消極利益は、さらに以下の2つに分類されます。

  • 休業損害
  • 将来得られたはずの利益


慰謝料

慰謝料とは、事故によって負った肉体的、精神的苦痛に対して支払われるお金の事です。これについては、下記項目で詳しく説明します。



示談金

示談金とは、被害者側と加害者側が交渉をすることで、決定する損害賠償金のことをいいます。
これには、治療費や通院費、休業損害、諸雑費などが請求範囲の対象となります。
また、次に説明する慰謝料も示談金の一部に含まれます。



慰謝料

慰謝料とは一般的に、損害によって被害者が受けた精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償金のことで、示談金の一部を構成する一要素です。


交通事故の慰謝料は、大きく分けて以下の2種類あります。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料


入通院慰謝料は、入院日数および通院日数に応じて損害賠償金額が定められています。

計算方法は、以下の通りです。
慰謝料は、4200円/一日あたり
1.総治療日数 = 入院日数 + 通院期間
2.実通院日数 = (入院日数 + 実通院日数) × 2

の2つを比較して、少ない方が採用されます。


後遺障害慰謝料は、交通事故被害者の後遺症が後遺障害として認定された場合に支払われるものです。



506_7.gif


弁護士に相談する前に
交通事故により被害者になった場合、弁護士に依頼したほうが、弁護士費用を差し引いても、結果として示談金を多く受取れるケースがほとんどです。
しかし、被害者であっても、過失割合が高い場合や、後遺障害等級が低い場合などは、弁護士に依頼することで費用倒れになる恐れがあります。

また、加害者になった場合は、弁護士に依頼しても損保の特約でもカバーできず、費用倒れになるケースが一般的なため、損を場合がほとんどです。

このように、弁護士に依頼する際は、事前に十分検討しておく必要があると言えます。
弁護士に交通事故トラブルに関する相談をする場合は、今後の見通しや弁護士費用の説明について十分に聞いておくことをおすすめします。



  • 最終更新:2014-12-18 17:20:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード